2012年06月19日

ワーシップ・ソング(わーしっぷ・そんぐ)

ワーシップ・ソング(わーしっぷ・そんぐ)


「礼拝の歌」の意。聖句や主を讃美するシンプルな歌詞にシンプルなメロディーをつけた新しいタイプの賛美歌で、80年代から作られ歌われ始めた。

いろんな種類がありますので、キリスト教の書店などでまずはCDなどをご覧になってみると良いでしょう。
シンプルなメロディと繰り返しが多いのが特徴で、子供から高齢の方に至るまで覚えやすく歌いやすいです。最近のポップなゴスペルは歌謡曲調で歌としては音域も広くて歌いにくいですが、これらのワーシップ・ソングは歌いやすいため幅広い年代の人に愛されています。
作業用のBGMとしても人気が高いです。


Great Great God
Great Great God
posted with amazlet at 14.04.18
Gateway Worship
Inciite (2011-11-01)
売り上げランキング: 49,295



posted by Rbelt at 16:52| わ〜ん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分かち合い(わかちあい)

分かち合い(わかちあい)


恵みや重荷を分け合い共有すること。

あくまで善意に基づく分かち合いが大切です。

聞きかじった話ですが、ある教会内にコンビニのオーナーがいて、礼拝後に必ずそのコンビニのお弁当を売りに来てみんなが購入していると。
そういうのは本来の分かち合いではありません。商売です。

本来の分かち合いとは、余ったからではなく、多く持っているからではなく、少なく持っていても愛する心で無償でシェアすることです。ただ、外部から見るとそれが度を過ぎているように見える場合があります。度が過ぎると裏があると思われ、批判の的にもなってしまいますし、時にはその愛に依存してしまう人もいます。それは分け与えた側にも与えられた側にも不利益になる場合がありますので、賢い、知恵のある分かち合いが望まれます。




posted by Rbelt at 16:50| わ〜ん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和解(わかい)

和解(わかい)


罪によって生じた神と人との間の敵対関係がキリストの十字架の死によって解消すること。

この和解は決して対等の関係でなく、罪ある人間が神に許しを得るようになるというニュアンスであることを忘れてはなりません。

聖書中において、アダムとイブの堕落によって神と人との間には軋轢が生じています。それがキリストの十字架の救いによって和解に至るのです。アダムとイブの堕落が生み出した神と人との関係性の悪化、それこそが食べてはならない木の実を食べてしまった人間に対する「死」だったのかもしれません。
そう考えるなら、和解の仲保者となるべく現れたキリストが生かすために来られたというのは合点が行く話です。




posted by Rbelt at 16:47| わ〜ん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。