2012年06月19日

666(ろっぴゃくろくじゅうろく)

666(ろっぴゃくろくじゅうろく)


反キリストである「獣」を表す数字。黙示録13章にある。

悪魔に印を押された者たちだと言われます。
映画「オーメン」で一躍有名になりました。
社会に対して反抗的な若者などが、知ってか知らずか車やバイクのナンバーに利用しているのを見ると複雑な気持ちになります。

ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。
(ヨハネの黙示録 13章18節)



オーメン [Blu-ray]
オーメン [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.05.01
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-07-02)
売り上げランキング: 13,894




posted by Rbelt at 16:34| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア正教(ろしあせいきょう)

ロシア正教(ろしあせいきょう)


ロシアを中心に展開した東方正教会最大の教派。日本ではハリスト正教会。

カトリックと似たような部分を持ちつつ、イコンを利用したり、様々に特徴があります。
ロシア正教会、というのはロシアでの形態であり、実質は正教会というものに属します。他にもギリシャ正教会、グルジア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、日本正教会など、一カ国にひとつの正教会を組織するのが原則となっています。日本正教会はハリスト正教会と言います。これらは全て正教会に属するものであり、その教義は同じものとされています。

正教は西方教会(カトリック)やプロテスタントとは関係性が良くないことが多いようです。どうしても過去に十字軍などによって攻撃された歴史があったり、今も教勢争いがあったりすることが原因かと思われます。




posted by Rbelt at 16:31| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローザンヌ会議(ろーざんぬかいぎ)

ローザンヌ会議(ろーざんぬかいぎ)


1974年スイス・ローザンヌで開かれた世界の福音主義陣営による「世界福音化についての国際会議」。ローザンヌ誓約を発布した。

誓約は信仰告白の形をとり、その中で誓約者たちは、イエス・キリストの福音を広める使命において失敗してきたことを認め、悔恨を表明しています。
ビリーグラハムという有名な伝道者が委員長をつとめていたそうです。

第一次世界大戦後の、ドイツの賠償を緩和するために開かれたローザンヌ会議と区別するために「ローザンヌ世界伝道国際会議」と呼ばれることもあります。1974年にローザンヌで、1989年にマニラで、2010年にケープタウンで開催されました。

その内容を見ていると、その時勢に合わせて信仰の歪みを矯正し、キリスト者たちが主を迎えることができるように霊的責任と肉的責任を果たそうとする姿勢が見て取れます。

【参考】ローザンヌ運動(公式)




posted by Rbelt at 16:28| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロザリオ(ろざりお)

ロザリオ(ろざりお)


@数珠をもちいて主の生涯を黙想するカトリック式の祈り
Aロザリオの祈りに用いる数珠

十字架に数珠がついていることが多いです。
ロザリオの語源はラテン語の"rosarium"で、「バラ(茨)の冠」という意味だそうです。
ロザリオを使うのはカトリックであり、アヴェ・マリアの祈り(ロザリオの祈り)を数珠を数えながら行ないます。

参考:ロザリオの祈り(外部サイト)

数珠は何だか仏教徒が使うもの、というイメージがありますが、いろんな宗教で数えながら祈りをするための道具として使われており、いくつの珠がついているかは宗教によって違うようです。ですから、アクセサリーでたまに「ロザリオ」と称されているものは、ほとんどの場合本来の機能を果たしません。

ちなみに、Wikipediaによると、正教会で使う数珠は「コンボスキニオン」イスラム教で使う数珠は「ミズハハ」だそうです。


天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀
鬼塚 英昭
成甲書房
売り上げランキング: 96,786

posted by Rbelt at 16:23| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロゴス(ろごす)

ロゴス(ろごす)


「ことば」の意。ヨハネ1章冒頭は「永遠のロゴス」なる「神のことば」キリストを紹介する。

神は御言葉で天地を創造されました。
そして言葉が神となったのがキリストです。
様々な論理と法で世界ができているのは偶然ではないように思います。
神は全世界の自然法則を司り、何事も問題がなく平常に進むように運行されています。

原発事件などを見ると、人間が神のごとく何かを平常運転し続けることは非常に難しいことだと感じます。
神の作ったものは、大地震があろうが大津波があろうが、大きな条件変化はなく進んでいますが、人間が作ったものはそうはいきません。

神のロゴスの次元高さを、私たちは聖書のことばから、またその神の創造した各種の万物から伺い知ることができるのではないでしょうか。


宗教は人を救えるのか (角川SSC新書)
釈 徹宗
KADOKAWA/角川マガジンズ
売り上げランキング: 3,032


posted by Rbelt at 16:18| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レント(れんと)

レント(れんと)


灰の水曜日から復活日前夜までの、日曜日を除く40日間。キリストの荒野の40日間の断食を覚えて禁欲的に過ごす。四旬節。受難節。

この期間、断食をする風習が西洋ではありますがこれは食べないではなく「肉を食べない」断食なんだそうです。ちなみに、キリスト教には謝肉祭という言葉があり、これをカーニバルと言いますが、このときは肉があることに感謝する期間です。
わからないと信仰がないと誤解してしまいますね。

聖書の中にはよく40という数字が出てきます。象徴的に、何かを我慢したり、罪の悔い改めに関するときによく登場する数字です。モーセたちが荒野でさまよった期間が40日を拡大した40年でした。


教会の祭と行事の祝い方
スー・アルトハウス
日本キリスト教団出版局
売り上げランキング: 2,266,804


posted by Rbelt at 15:48| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連鎖祈祷(れんさきとう)

連鎖祈祷(れんさきとう)


鎖の輪をつなぐようにリレー式に複数の人が時間的に断絶することなく続ける祈り

よく、礼拝ではない祈祷会などの時に教会で行なわれているのを見ます。
いろんな形式の祈りがあるものですね。
ただ、天の目にどう見えるかがとても大切だろうと思います。
真実な心で、神様に対して求める心があるのかどうか。習慣や癖で口が考えが動いてしまうのは避けたいですし、何か行事の時だけというのも誠実さが足りないように感じます。
神の目で見ても、この人の願いならかなえたい、と思うような生活態度と信仰姿勢が大事ですね。


「祈りは初めて」という人のための本
内田和彦
いのちのことば社
売り上げランキング: 64,546

posted by Rbelt at 15:45| ら〜ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。